こども六法 1日5分読む事で法律が学べる  いじめからオサラバする方法

こども六法 1日5分読む事で法律が学べる  いじめからオサラバする方法

日本テレビ系列「おはよん」で紹介されていた「こども六法」と言う子供向けの絵本が気になり、ついテレビに見入っていました。

六法全書の一部(子供達に関係がある箇所)を抜粋して、子供たちが読んでも意味が解る様にイラスト、文章に漢字にはルビを付けをし楽しく法律の勉強が出来ると放送していました。 

こども六法の役割 いじめ問題

「著者が過去に受けたいじめは犯罪だった」とわかり、今現在 困っている子供達ためにこの本を出版したとか・・
子供たちの何気ない日常の中にある 小さい出来事が、実はいじめの始めりだったりします。

いじめられていて、「何をどうしたらいいのかわからない」こんな時どうしたらいいのかを法律的に解説しています。

おっさん
おっさん

こども達が、テレビゲームの中で、対戦相手を倒す時に「死ねー」とか叫ぶ時がありますが、実は、法律的には犯罪になるんですよね・・・

親も子供も、法律を知りません

親も子供も、法律を知りません

こどもが、六法全書を片手に勉強をしている光景を見た事が有りません!
みなさんもそうですよね? 見た事ないですよね?
実は、親も法律なんて、ほとんど知らないんですよ

どこまでが、良い事か悪い事か実際の所 よくわかっていないんですよね

こども六法は こんな本です

こども六法は こんな本です

こどもの いじめや虐待は、犯罪です。
大人だったら社会のルールに沿って生活していますが、相手に対し暴力だったり、持ち物を盗んだりしたら警察に捕まって逮捕されますよね?

しかし、子供たちは法律をしりません。
何気なく、からかっている事がだんだんエスカレートしていきます。
いしめや虐待を受けている子供は、誰かが気づいてくれるまで苦しんでいます。

こんな時に、いじめる側もいじめられる側も法律を理解していれば、いじめや虐待被害から救われる子供たちがいます。

そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。

こども六法は、イラスト付きで解りやすい。

法律を、簡単に覚えるのは無理です。
こども六法は、子供達に関係がある一部を抜粋しイラスト付きで解説しています。
楽しく、イラストでわかりやすく解説しているので、子供達だけじゃなく(子供・保護者・先生)だれでも、簡単に法律に関わる事が出来ます。

こどもの教育教材に話題

こどもの教育教材に話題

いじめや虐待は社会問題です。
保護者も子供達も法律を理解する事で、犯罪防止にも繋がり、しかも一般的な常識も理解できます。
一日、5分間読むだけで、簡単に法律の勉強が出来ると話題になり2019年8月20日発売から手に入りにくい状況になっています。

こども六法は、どこで買える?

こども六法は、ネットや書店で、どこでも買えます。

こども六法

子どもは法律を知りません。
誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。

引用元 アマゾン

購入の時の注意点
定価1200円ですが、人気がありすぎて定価以上の価格で販売されている場合があります。
価格を確認してお求めください。

著者(山崎聡一郎さん)インタビュー「こども六法」はなぜ生まれたのか

こども六法がどうして誕生したか・・それは著者が子供の時に受けた「いじめ」からでした。

まとめ

真剣に考えて下さい。
「自分の身は自分で守る」となると、自分の子供がいじめや虐待を受けているとして、実は、法的に解決できるにもかかわらず、「知らない」が一人で困っている子供を助けてあげる事が出来ません。
大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

日々の出来事をブログに記録しようと立ち上げました。 毎日が平凡に過ごしたいのに なぜか望んでもいないのに 小さい事から大きいことまで いろいろな事に巻き込まれ短編的な記事になると思いますが同世代の人たちに共感されればうれしいです。