所有者が亡くなった車を名義人のまま廃車するやり方は?|どこで頼む?

所有者が亡くなった車を名義人のまま廃車するやり方は?|どこで頼む?


家に亡くなった親名義のクルマがある。

家族全員、自分のクルマがあるから親のクルマを乗り継ぐ人もいない…

家に置いておいても誰かが乗るわけでも無いし年間の維持費も考えるとクルマを処分しようと思う。

クルマを処分するとして、親の名義のまま廃車することはできるのかな?

廃車するにはどんな手続きがあって、クルマをどこで処分したらいいのかわからない。

廃車手続きのやり方をどうしたらいいのかしりたい。


この記事でわかること

廃車手続きするのに必要な書類と亡くなった車の所有者名義人のまま廃車手続きする方法と手順をくわしく紹介しています。

基本的に、廃車手続きに掛かる費用は0円で出来ますので、その方法も紹介しています。

名義人が死亡した場合の廃車手続きについて

  • 車(普通車)の名義人が死亡した場合でも車の廃車手続きは出来ます。


  • 買取価格が100万円以上の普通車の廃車手続きには、相続人全員の印鑑証明と実印が必要になります。


  • 軽自動車の廃車手続きには、相続人の印鑑証明は必要ありません。


軽自動車の廃車手続きについては、こちらの記事で親名義の軽自動車を廃車手続きするのに必要な書類は?|どこよりも詳しく紹介!しています。是非参考に!




親名義のクルマを処分するか迷っている場合はこちらの記事で親名義の車を所有する3つのデメリット|乗らないなら早めに処分することを紹介しています。是非参考に!

ブログの主「りゅうや」です。 元自動車ディーラーマンです。

国産自動車ディーラーに15年勤務していました。

15年間のディーラー経験内、11年間を自動車整備(サービススタッフ)を経験して、11年間の内5年間はサービス工場長としていろいろな経験をしてきました。


その後、

クルマを売るセールスマンも4年で約400台販売しユーザーフォローもさせて頂きました。

自動車ディーラーの経験を活かし、ブログで情報発信していきます。

どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト
車検証と走行距離があれば簡単に手続きが出来ます。

所有者が死亡したクルマの売却や廃車はどこに頼む?

亡くなった親の車を名義変更せずにそのまま廃車する方法は?|どこに頼む?


クルマを処分する為に、どこに頼むのか?ですが…

廃車買取専門店にお願いするのがおすすめです。

理由は、4つあります。

廃車手続きを廃車買取専門店に依頼する理由
  • 廃車と買取り2通りで見積もりが出来る

  • ディーラーや中古車店はデメリットだらけ

  • 動かない車・車検切れ・事故車すべて無料でレッカー引取りしてくれる

  • 書類上の代行手数料が無料

廃車買取専門店では廃車と買取り2通りで見積もりが出来る

廃車買取専門店ではまだ中古車として再販が出来る買取方法と、中古車として再販が出来ない廃車買取と2通りの見積が出来ます。



通常の買取店ですと、中古車として再販が出来る車の取扱だけ

中古車として再販が出来ない車だと「価値が無い」と扱われてしまい処分するのに費用が掛かります。



廃車買取専門店では、中古車として再販出来ない車でも「価値ある資源」として扱われます。




「価値ある資源」と扱われた車とは?

古い車やボコボコなクルマでも0円以上の価値があるんです。
なので0円以上の下取り査定がつきます。

なんで、古い車やボコボコなクルマでも価値があるのか?こちらの記事で無料で車の引き取りから書類代行手続きまでする専門業者|全国どこでもokを紹介しています。記事の内容は、なんで無料で廃車できるのかを詳しく紹介しています。是非参考に!


ディーラーや中古車店はデメリットだらけ

ディーラーで廃車手続きするデメリット

クルマを処分を依頼するお店で、一番に思いつくのが購入したお店です。

自動車ディーラーだったり、中古車店です。

実は、購入したディーラーや中古車店で依頼すると費用が掛かります。

理由は、

自動車店としての属性の違いです。





ディーラーや中古車店では、クルマを販売することを商売としています。



ただ単に、クルマだけを買取ることをしていません。

買取る専門性が無い為、車の処分だけを依頼すると大損します。


ディーラーや中古車店と廃車買取店での料金比較などをこちらの記事で廃車手続きをディーラーでやるメリットとデメリットは?|知り得情報!を紹介しています。

廃車買取専門店では、動かない車・車検切れ・事故車すべて全国どこでも無料でレッカー引取りしてくれる

古くて動かない車を手放したいが引取りに来てくれる?

廃車買取専門店では、動かない車・車検切れ・事故車等、公道を走行できない車をレッカー車で引き取りしてくれます。

しかも全国どこでもレッカー費用は無料です。こちらの記事で古くて動かない車を手放したいが引き取りに来てくれる?|費用を抑えたいならここ!を詳しく紹介しています。是非参考に!



廃車買取専門店では書類上の代行手数料が無料

相続絡みの面倒な手続きでも丸投げできる買取店がある

今回の、所有者が亡くなった場合の書類上の廃車手続きは無料で代行してくれます。

必要な書類さえ揃えてしまえば、運輸局での手続きを無料で代行してくれます。



名義変更してない車を廃車手続きする必要書類は?

車検証再交付に必要な書類

名義変更をせずにそのまま廃車手続きする為に必要な書類を紹介してます。

買取りする車の価値が100万円以上あるかないかで用意する必要書類も変わってきます。

100万円以上ある場合と100万円以下の場合とで2通り紹介します。




廃車するクルマの事例 下取り査定額が100万円以下

廃車するクルマの売却価格が100万以下の時に必要な書類


廃車するクルマの情報買取査定100万円以下
  • 廃車するクルマは、トヨタカローラ 7年10万㌔走行車

  • 買取価格は、100万以下

  • 車検証の名義人は亡くなられたのは親(父)

  • 家族構成(母親・長男(同居)・次男(別居)
  • 代表相続人は長男としてます。


廃車するクルマの買取価格

廃車手続きに必要な書類
  • 車検証・自賠責保険・リサイクル券

  • 印鑑証明書2通(相続人)実印

  • 戸籍謄本1通又は戸籍の除票1通(亡くなられた所有者分)

  • 委任状・譲渡証明書・自動車税還付請求書

  • 遺産分割協議成立申立書


廃車買取店に査定してもらって100万円以下とわかったら必要書類を用意します。

用意する必要書類を説明します。

車検証・自賠責保険・リサイクル券は、
基本車の車検証入れにセットで入っているはずです。



印鑑証明書1通(相続人分)と実印
戸籍謄本1通又は戸籍の除票1通(亡くなられた所有者分)
どちらか1通必要です。役場で廃車に使うので必要というと詳しく教えてくれます。


委任状・譲渡証明書・自動車税還付請求書
廃車買取専門店で用意してくれる書類です。
用意してくれた書類に実印・捺印します。

車を中古車として再販されない場合は、譲渡証明書は不要です。
その場合は、印鑑証明書は1通で済みます。



遺産分割協議成立申立書
車の買取価格が100万円以下の場合に必要な相続書類です。
こちらから用紙をダウロードできます。
用紙の記入は、相続人代表者の記入です。


全ての書類が用意出来たらクルマと一緒に廃車買取店に引き渡して終わりです。


廃車するクルマの事例 下取り査定額が100万円以上

廃車するクルマの事例 下取り査定額が100万円以上
廃車するクルマの情報買取査定100万円以上
  • 廃車するクルマは、トヨタ プリウス 1年 1万㌔走行車

  • 買取価格は、100万以上

  • 車検証の名義人は亡くなられたのは親(父)

  • 家族構成(母親・長男(同居)・次男(別居)
  • 代表相続人は長男としてます。

自分で用意する書類は?

廃車手続きに必要な書類
  • 車検証・自賠責保険・リサイクル券

  • 印鑑証明書2通(相続人)実印
  • 相続人全員の印鑑証明書1通づつと実印

  • 戸籍謄本1通又は戸籍の除票1通(亡くなられた所有者分)

  • 委任状・譲渡証明書・自動車税還付請求書

  • 遺産分割協議書



買取価格が100万円以上ある場合に用意する書類を説明します。

車検証・自賠責保険・リサイクル券
車の車検証入れにセットで入っているはずです。

自動車のリサイクル券について、こちらの記事で自動車リサイクル法ってなに?いつから施行されたの?|環境問題を知るを詳しく紹介しています。 なんでリサイクル券が必要なのか?


印鑑証明書2通(相続人)実印
戸籍謄本1通又は戸籍の除票1通(亡くなられた所有者分)
どちらか1通必要です。役場で廃車に使うので必要というと詳しく教えてくれます。


相続人全員の印鑑証明書1通づつと実印
相続人の印鑑証明書と実印が必要です。
今回の場合は、母親と別居の次男です。
印鑑登録をしていない場合は、認印でも登録できますので役場で即日発行してくれます。



委任状・譲渡証明書・自動車税還付請求書
廃車買取専門店で用意してくれる書類です。
用意してくれた書類に実印・捺印します。




遺産分割協議書
この書類は相続人の同意書になります。
相続人全員の印鑑証明書と実印が必要です。
こちらから用紙をダウンロードできます。

全ての書類が用意出来たら廃車買取店にクルマと一緒に引き渡します。

用意する必要書類について


用意する必要書類の名称は専門用語でわかりにくいです。こちらの記事で車を売却や廃車する為に必要な書類の名称を紹介|普通車・軽自動車・親名義の車を詳しく紹介しています。




車検証・自賠責保険・リサイクル券を紛失した場合は再発行が必要です。こちらの記事で車検証(普通車・軽自動車)と自賠責保険やリサイクル券の再発行の仕方|紛失?を詳しく紹介しています。



廃車買取店カーネクスト


廃車買取店カーネクストで廃車買取をします。

買取の手続きは ↓簡単20秒査定から申し込みします。

20秒査定が終わると、担当者から折り返し電話連絡が入り手続きが進んでいきます。

車検証と車の走行距離を控えて用意してから簡単20秒査定をすると話が早いです。

どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト
車検証と走行距離があれば簡単に手続きが出来ます。

申込手順についてもっと詳しく紹介した記事があります。こちらの記事でクオカードがもらえるカーネクストの廃車手続きの流れを紹介|早得!を紹介しています。少しでもお得に手続きが出来ます。

まとめ

所有者が亡くなった車を名義人のまま廃車するやり方は?|どこで頼む?


車の所有者が亡くなられて所有者の名義のまま廃車手続きをするやり方を紹介させて頂きました。


用意する書類さえ、わかってしまえば簡単に手続きが出来ます。

廃車買取専門店では、廃車(解体)と買取(中古車再販)と同時査定が出来るので話が早いです。

基本的に手続きに掛かる費用は0円で出来ますし、

どんなに古い車でも買取査定がつくので、ディーラーや中古車店で手続きするのは費用が掛かるので勿体ないです。

廃車買取店を紹介しているレビュー記事があります。こちらの記事で廃車買取カーネクストどんな車も0円以上?なぜ無料?廃車手続きの仕方は?を紹介しています。是非読んでみて下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

所有者が亡くなった車を名義人のまま廃車するやり方は?|どこで頼む?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です