車検が切れてから5年以上放置して自動車税も滞納している親名義の車の対処法

車検が切れてから5年以上放置して自動車税も滞納している親名義の車の対処法


親が高齢になり運転をやめてから何年も経つ….

クルマも乗らずに家の車庫に置いたままだ…

長い間、放置したままなので

当然、

車検も切れていてエンジンも掛からない…


良く調べると、

車検が切れてから5年以上経過している…

乗らないからと自動車税は支払もせず

そのまま滞納したままだった…

乗らないのなら処分しておけばいいのに

今からクルマの処分をしたらいくら掛かるの?

こんな時に、どのように対処したらいいのか知りたい。

なんで、税金まで支払っていないの?

この記事でわかること

車検が切れてから5年以上経過したクルマの廃車手続きを紹介しています。

結論から言いますと、自動車税の納付義務は無くなりません

クルマの解体費用も全部0円(無料)で廃車できます。

この記事では、クルマの手続きに不安がある方向けに紹介しています。



車の手続きの仕方に不安がある方はこちらの買取店です。↓

廃車の処分費用はかかりません

自分で1から手続きするとなると、大変ですがプロに任せることでスムーズに全ての手続きを終えられます。

ブログの主「りゅうや」です。 元自動車ディーラーマンです。

国産自動車ディーラーに15年勤務していました。

15年間のディーラー経験内、11年間を自動車整備(サービススタッフ)を経験して、11年間の内5年間はサービス工場長としていろいろな経験をしてきました。


その後、

クルマを売るセールスマンも4年で約400台販売しユーザーフォローもさせて頂きました。

自動車ディーラーの経験を活かし、ブログで情報発信していきます。

車検が切れてから5年以上、家に放置されている親名義の車はどんな状態?

車検が切れてから5年以上、家に放置されている親名義の車はどんな状態?


車検が切れてから5年以上放置されているとしたら

クルマも動かないですよね…

車検が切れているだけなら、

乗らなければいいので家に放置していてもいいんですが、



自動車税まで支払わずに放置するってどういうこと?

親に問い詰めても返ってくる言葉は、

「知らねえ…」って言っていませんか?



おそらく支払わない理由は、

自動車税の支払通知書が何年か前から税事務所から届いてないんじゃないですか?


どういうことかと言いますと

クルマの車検が切れてから5年以上経つと自動車税の「課税保留」となって納税通知書が送られてこなくなります。

なので、

自動車税を支払わずにそのまま滞納したのかもしれませんね。

実は、運輸局と地方税事務所とで裏で連携されているんでよ….



車検が切れてから5年以上で職権抹消される

車検が切れてから5年以上で職権抹消される

運輸局では、5年以上車検を受けずにいるクルマがあると

運輸局からハガキで通知があります。

運輸局から「乗らないなら職権抹消」しますよー的な通知が来る


ハガキが来て、継続車検を受けるといいんですが

滞納した自動車税を支払わないと車検は受けられません。

で、そのままにしていると


国が所有者の意思に関係なく強制的に、

自動車の抹消登録されてしまいます。

それが「職権抹消登録」になります。


クルマを強制的に抹消することを「強制抹消」と言います。




税務署から職権抹消完了の通知が届いたら、

手続きが完了しているので通知が届いているか要確認です。

職権抹消されると同時に、自動車税もストップされるので

うっかりの人から見たら「ラッキー」なんですよ!



5年以上車検を受けずにいる車ってどんな時か?

・高齢で運転を控えて家に長く放置される

・海外赴任によりクルマを家に置きっぱなしになっている

職権抹消されているか運輸輸支局に問い合わせる

職権抹消されているか、

わからない場合は管轄の運輸局に問合せすると

職権抹消登録されているか確認できます。

車検が切れの翌年から自動車税の納税通知も止められる?

自動車税事務所に電話連絡して確認してみたところ

県によって対応が違いました。

C県では、

車検が切れてた翌年には、自動車税の通知をストップしている。

S県では

車検が切れている車があれば、調査してから自動車税の通知をストップしている。

という回答でした。

要は、

職権抹消される前に、納税通知をストップしている県も多数あります。

もし、

家にある車検の切れたクルマがあれば滞納分がいくらあるのか?を

県税事務所に確認が必要です。

県によっては、車検が切れた次の年から納税がストップされていますよ!

職権抹消されている車を継続車検を受ける場合は滞納分の税金も支払う

職権抹消されている車を継続車検を受ける場合は滞納分の税金も支払う


職権抹消登録されているクルマを乗り継ごうと思い

継続車検を受ける場合は、

納税通知が届いていた自動車税と延滞金を納付しないと

継続車検を受けることが出来ません。


未払い分の自動車税を支払うと

継続車検を受ける前に運輸局で手続きが必要です。

廃車せずに車検を受けて乗りたい場合は、滞納分の自動車税を支払うことになります。

「職権抹消登録」運輸支局の行政相談窓口
継続車検を受ける手続きをする

税事務所にて自動車税納付
滞納分の自動車税の支払い

自動車整備工場で車検の受付
(ここからは整備工場が手続き)

「一時抹消登録」
運輸支局
一度車検証を返納します。

「中古新規登録」
運輸支局
新規に自動車の登録をして完成

職権抹消登録されている車は廃車できる

職権抹消登録されている車は納税しなくても廃車できる

職権抹消登録されているクルマを廃車する場合は、

既に、国の強制執行で「廃車」とされています。


ちなみに

廃車手続きには2通りあります。

「一時抹消登録」と「永久抹消登録」です。

一時抹消登録とは

一時的に車の車検証とナンバープレートを運輸局に返納して

一般公道を走れない状態にすることで

再度、運輸局に申請することで

公道を走れるようにできる一時的な廃車のことで


一般的に

海外赴任で何年もクルマをならない状態や

クラッシックカーを自宅に飾っておきたい時に

一時的に抹消登録をすること

永久抹消登録とは

クルマを解体し、もう二度と乗れない状態にすること

古くなって再販(中古車)出来ないクルマや

水没車や事故車で、もう修理できないクルマのこと

職権抹消登録は、↑の2つの手続きの内「永久抹消登録」とみなされている。

職権抹消 = 永久抹消



職権抹消登録されている車は、業者にお願いすれば解体が出来ます。

但し
滞納している自動車税を納付義務が消えるわけではありません。

5年以上放置された親名義の車を廃車手続きする

5年以上放置された親名義の車を廃車手続きする

職権抹消登録されている親名義の車を廃車するなら

大手の廃車買取店でお願いするといいです。

理由は、

通常の廃車手続きと違い

手続きが複雑だからです。

経験豊富な買取専門店に相談するのが一番いいと思います。

廃車手続きにクルマを家まで無料で引取りしてくれる

買取店があります。

車の手続きの仕方に不安がある方はこちらの買取店です。↓

どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト

専門的な知識が無いと手間もかかるし手続き漏れによるリスクも考えられますがプロに任せることでスムーズに全ての手続きを終えられます。


別の記事で、車買取店カーネクストの紹介していますので是非参考に!

廃車買取カーネクストどんな車も0円以上?なぜ無料?廃車手続きの仕方は?

まとめ

車検が切れてから5年以上放置して自動車税も滞納している親名義の車の対処法

職権抹消登録されている親名義の対処法を紹介させて頂きました。

職権抹消登録されていることで

自動車税がストップされていて

自動車税の滞納分が少し軽減されます。

県によっては、

車検切れした次の年には、

納税義務をストップしているようなので

自動車税の負担が少なくて済みます。



廃車の解体手続きも買取専門店でお願いすることで

廃車費用を抑えることが出来ます。

是非参考にしてみて下さい。

追記

クルマの運転を控えて、運転免許証の返納をするのか?を悩んでいるのなら吉報があります。
65歳で、運転免許証を返納すると特典があります。どんな特典があるのかをこちらの記事で紹介しています。是非参考に!65歳以上の高齢者が免許を返納すると特典がある!|返納する平均年齢と手続きの仕方は?

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

車検切れてから5年以上放置して自動車税も滞納している親名義の車の対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です